ハチコで引地

医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて現場から医師や看護師も減ってしまいますし、また、夜中になって腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤のそれを上回ることになります。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職する時に出る手当である、退職金については、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。一方、個人経営の病院になると、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もみてもらうことができれば、上出来です。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自身の身体に関してもわかるようになったりするようです。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、得意なことを最も活かすことができる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丹念に当たってみるなら、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、そういったところを利用して自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、結構、融通の利く部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、ともあれ働き続けていられるということは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。少し長く看護師をしてきておりますが、気付いたことは、看護師はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職することを決めたのでした。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。そしてまた、外来勤務では土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気のある診療科や医師のいるところでは待合室に患者があふれるようなことにもなって、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。身につけたいスキルについても診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々を次に勤務を始める看護師に口頭で話します。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも求められます。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどん医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についてもさらに多く必要とされていますが、実際には、人手不足が深刻です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのもすべて看護師の仕事となっております。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、人手の少ない夜間に限って幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、時間が経つのを忘れてしまうほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。看護師という仕事に就いていると、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというようなことがあるようです。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字だと、この二つになります。少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男女とも使える看護師の表記に一元化しました。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった生やさしいものではありません。ですから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのがパート看護師の時給としての相場です。時間いくらのパート勤務にしてはなかなかの数字なのでしょうが、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、金額的に少々不満です。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、特に恐れるようなものではないようです。そういった、看護師を養成する学校は複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も病院に24時間いることになり、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、ほとんどの看護師が病院で勤務します。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。必ずしも病院でなくとも働ける場所は色々あり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際により働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これによりどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について実感してしまうことはあります。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で土日を休みにしたければ、そうすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては看護師の方が上なのだそうです。それから、看護師という仕事は医療機関を中心にいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった点も、人気職である所以かもしれません。収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。病院以外の働き口も看護師には多く、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ただ、本業の医療機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならずはっきりと労基法に違反しているのです。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、働いたらその分はちゃんと、報酬を得なくてはなりません。勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。単発の仕事あり、短期のものもあり、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、今現在、仕事を探している人は派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職してみても良いのではないでしょうか。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事を担当する人の考えによって決定されることもあり得ます。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、そこに配属になる事が多いのです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ医療職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも要因となっています。看護師になろうと思ったきっかけはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て心を動かされたのが契機となりました。大人になったら、ああいう風になりたいと思ったことをきっかけに看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。楽しいことばかりではありませんが、毎日が充実しています。