長山と五十嵐美貴

就職や結婚など、人生の大きな転機が切っ掛けになって、コンプレックスだった歯並びを矯正しようと考える方がいます。とはいえ、歯科矯正は難しい技術で、不満の出ない治療をしてくれる歯科医院は限られていますから、どこの歯科で施術を受けるかが非常に重要です。頼りになるのはやはり専門医です。矯正専門の歯科は、ホームページや看板にその旨を掲げていますから、そういうクリニックを率先して選ぶのが得策です。以前、歯科矯正で体調を崩したので、矯正の中断を余儀なくされました。これで歯並びに自信が持てるかと期待していただけに、矯正を中断するのは大変つらかったです。矯正以外で歯並びを良くする方法が無いのかと尋ねてはみたのですが、効果が期待できるようなものはなかったです。歯並びが悪い場合は歯科矯正で治せると思っていましたから、歯並びによっては矯正できないことがあるなんてビックリです。ホームホワイトニングの器具として、最近は電動歯ブラシに、ホワイトニングの機能がついているタイプが売っています。マウスピースと薬剤で行うのとは異なり、着色汚れを落とすだけですが、頻繁に行うと、歯の表面を傷付ける可能性もあるので禁物といえます。それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、これでホワイトニングが完結すると期待することは控えた方がいいでしょう。また、歯科矯正を受ける際にも、矯正器具のために磨き残しが起こりやすいので、気を付けましょう。マウスピースを使った矯正の強みは、目立ちにくいというところが大きいですよね。マウスピースを装着しているかは人から見て分かりにくいですし、治療方針によっては装着する時間が短くて済むものもあるようですね。こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や就寝時だけつけるというのもOKなので、外で知られることなく歯列を整えることが出来ますので、矯正中の口元の審美性にこだわる方には良いかもしれません。積年の悩みが解決した、と報告されることが多いのは、歯列矯正に伴って、なぜか肩こりまで治ってしまったという話です。歯を支えるアゴの骨は、頭蓋骨と繋がっています。そのため、歯並びが悪いと首や肩にまで影響が出て、歯並びの悪さが肩こりにまで繋がることがあるのですね。肩こりの理由が他に思い当たらず、そういえば歯並びが悪いんだという方は、矯正を専門としている歯科医院を訪ねてみることをお勧めします。歯列を矯正していると、食べ物が噛みにくくなっており、痩せたという話もあります。ですが、矯正が無事に終わると体重が元に戻ったり、あるいは太ってしまうという方もいるようです。矯正中に我慢していた分、つい沢山食べてしまう、リバウンド状態に陥ってしまう方もいるようです。長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、スタイルが悪くなってはもったいないです。最近は歯科矯正も患者さんの負担が少なくなってきましたが、今でも要注意なことは、まずは食事、それに運動でしょう。矯正中は、器具の間に食べ物が挟まることが避けられないので、普段と比べてケアに気を遣うことを怠ると歯周病などに直結します。さらに、運動時など力を入れる際には、奥歯をぐっと噛み締めることが多く、それで器具が干渉して口の中が傷付いたり、せっかく動かしている歯に別方向からの力が加わる悪影響もあります。あらかじめ担当医に聞いておくべきでしょう。せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、といった苦情がよく寄せられるのもホワイトニングの特徴です。確かに、ホワイトニングのやり方によっては、数か月もすればまた黄ばんでしまうのです。一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、利用するホワイトニングの手法に加え、持続期間などを確認した上で施術を受けるべきです。歯列矯正も併せて行いたいという人は、両方の実績がある歯科を選びましょう。歯を綺麗にするホワイトニング。その種類としては、まず、クリニックで全ての処置を行うオフィスホワイトニング。そして、歯科ではマウスピースと薬液の処方だけを受け、自宅で定期的に処置を続けていくホームホワイトニングがあります。さらに、確実な効果を求める方には、双方の長所を併せ持つ折衷法・デュアルホワイトニングを用いることもできます。技量に優れた専門医のもとでなら、ホワイトニングと並行して歯科矯正を受けることが可能な場合もあるのです。歯のホワイトニングを利用するにあたり、喫煙習慣は非常に相性が悪いといえます。ホワイトニングの中でも、自宅で行うタイプのように、日々少しずつ効果を発揮していく手法の場合は、日々処置を進める分だけ煙草で悪化してしまうということもあります。ですので、歯を白くしたいのであれば極力、煙草を吸わないことは必須と思ったほうがいいです。それに加えて、歯科矯正を受けている最中の人も、禁煙するのが無難といえます。ホワイトニングで歯の色を綺麗にしても、肝心の歯並びが悪いままだと、決して笑顔が好印象にはならないですよね。そこで需要が出てくるのが歯科矯正です。しかし、気になる治療費の額については、はっきりした相場は決まっていません。患者さん一人一人の状況に応じて手法や治療期間も変わるため、一人一人で必要な額が異なるというのが難しい部分です。どんな治療内容になるかは状況によりけりですので、前もって専門医の説明を受けてから判断する必要があるといえるでしょう。多くの方が利用されている歯科矯正。器具を付けてから、器具を外すまでにどれくらいかかるかは、一人一人の状況によって異なるとはいえ、短くても1年、長いと3年ほどは覚悟しておいた方がいいと思います。ここは完全に人によりけりですから、これより早くできたり、逆にこれより時間がかかることもあるのです。いずれにせよ、歯並びを気にしている方は、一日でも早く専門の歯科医に相談するべきです。顔の形がゆがんで気になるという方は、歯並びが骨格に影響を与えている場合があるようです。出っ歯、受け口などの不正咬合のケースでは、歯科矯正の治療を受けることで、歯並びに加えて顔の形も改善できるという喜ばしい結果も得られます。噛み合わせが正しくなれば、食事も楽になり、運動の際など、力を入れるために歯を食いしばることも自然にできるので、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。若い女性などを中心にホワイトニングの利用が進んでいますが、これは、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。まずは歯科医院でマウスピースという器具を作ってもらって、専用ジェルを使って歯を白くしていきます。2週間ほどで効果が実感できるとされています。このほかに、市販のマウスピースと薬剤を使って行うホームホワイトニングも主流になりつつあります。費用は高くても一万円程度なので、歯科に比べるとずっと安いですし、白さを維持できる期間も、歯医者さんでのホワイトニングより長いのです。ホワイトニングで真っ白な歯をゲットすれば、自然な口元の美しさを実現できます。笑ったときに見える歯並びがきれいですとそれだけで見栄えが良く顔立ちもずっと違うものになります。ですから、もし子供の歯並びが気になったら、小さいうちから矯正治療を行い、歯並びを整えておくことを推奨します。乳歯の状態から歯科矯正をすると、永久歯が生える頃には綺麗な歯列になるという訳ですね。歯並びが悪いと虫歯にもなりやすいです。歯の健康のためにもなるべく早く歯科矯正をするに越したことは無いですね。歯並びを整えるための歯科矯正は器具を歯に直に付けて歯並びを良くしていきます。ですので矯正前と同じように歯磨きをしているのでは食べかすが残ってしまうこともあります。磨ききれなかった汚れによって、息がくさくなったり虫歯になってしまうかもしれませんので、食べ物を口にしたら、必ず歯磨きをして口内を清潔にしましょう。コツは面倒くさがらず隅々まで磨くようにしましょう。ですが、強くゴシゴシと磨いてしまうと毛先が曲がってしまって逆効果です。歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。ですが、正直言って逆効果でした。表面的には白くなりましたが、歯自体は逆に弱ってしまったのです。ホワイトニングのことばかりで、歯茎のケアができていなかったのです。表面を白くすることだけに固執して、その傍らでどんどん歯茎は弱くなってしまい、氷水のような冷たい飲食物が強くしみて痛いほどです。また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。最近は技術が進んできた歯科矯正ですが、その原理が実際どのようなものか知っておきましょう。ブラケットと呼ばれる器具で歯に力を加え、歯の位置や角度を、じっくり時間をかけて変えていき、本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。行ってみれば盆栽の針金かけのようなものですね。矯正に実際用いられる器具としては、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。また、矯正した歯をそのままの位置に固定するためには、保定装置(リテーナー)を装着して生活することが必要です。子供は大人と比べて歯列矯正がずっと容易だと言われていますが、矯正は子供の内に済ませておくのがセオリーだから、などという動機で安易に歯科矯正に走ることはお勧めできません。中には、歯医者さんから勧められて決断してしまう方もいますが、子供はまだ骨が成長しきっていませんから、成長に伴って、ひとりでに綺麗な歯並びになることもあります。矯正を強く勧められたときは、その根拠についてちゃんと説明を受けることは必須といえるでしょう。ホワイトニングにもいくつかの種類があります。基本的には、歯科で全ての施術が完了するオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングという、自宅で一人でできる方法があります。しかし、効果をお急ぎの方には、断然、オフィスホワイトニングがオススメできます。人によって差は出ますが、歯科医院で一回施術を受けるだけで十分白さは実感できます。また、歯列の矯正を合わせて行いたい場合には、まずホワイトニングを済ませて、それから矯正に移るという工夫がなされる場合もあります。多くの方が利用されている歯科矯正。それは、専用の器具を歯に装着して力を加え、本来あるべき位置へと歯を動かしていく治療です。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、歯にかかる痛みや、それによる精神的ストレスを強く感じる人もいるのです。器具を付けてしばらくすると違和感はなくなりますが、ずっと改善しないという場合は、少しでも早い内に担当の歯科医師に診てもらうことです。ワイヤーやブラケットを用いた歯列矯正の場合、金属製のワイヤーが目立ちすぎるのを多くの患者さんが気にしていました。ところが、透明なマウスピースを歯全体にかぶせるという方法が開発されたため、誰にも知られず進められる治療法が実現可能になり、注目されています。しかも、マウスピースなら自由に取り外せるので、これまでのやり方と比べて衛生面でも優っており、この先、この方法が一気に歯科矯正の主流になるとも言われています。今後に期待ですね。憧れの白い歯をゲットできるホワイトニング。その利用の際には、どういった歯科を選ぶのが適切なのか、悩まれる人も多いと思います。その重要ポイントをお伝えしましょう。普通の歯科でもホワイトニングを扱うところが増えてきましたが、歯を綺麗にする施術に特に長けている審美歯科に行くのが一番安心でしょう。審美歯科では、患者さん一人一人の歯の着色原因を突き止め、一般歯科よりも質の高い治療を受けることができます。また、歯並びを綺麗にする歯列矯正などを受ける際にも、やはり、どこの歯科を選ぶかが大事になってきます。歯科矯正で歯並びを改善しようと思っても、どれくらいの時間が必要なのか気になりますよね。しかし、歯科矯正による歯並びの改善と必要時間は患者さんの元々の歯並びによって、全く違うようです。どれだけの歯が歯並びの悪さの要因なのか、何本を矯正するのかというようなことが重要です。ほとんどの歯科矯正では、まず虫歯の治療が必要であれば、まずそれを治します。その上で矯正の計画を立て、器具によって矯正を行い、それが完了した後は経過観察となるのが一般的です。矯正方針やスケジュールによって、必要な治療の期間が分かると思います。近頃はホワイトニングがますます人気を高めているようです。手間や痛みを伴うことなく、手軽に歯を白くできるというのが多くの方にとって魅力的なようです。しかし、体質や生活環境によっては、なかなか白くならない人もいます。思った通りの白さを出すのが難しいという点も、ホワイトニングの欠点と言えますね。「芸能人は歯が命」ではないですが、歯は美容の大事なポイントなので、ホワイトニングなどの施術を専門とする審美歯科などにかかり、要望をしっかり伝え、施術の内容や方針を話し合っていきましょう。色と同じくらい歯並びも大事ですから、気になる方は歯科矯正の利用も検討してみてください。ヘビースモーカーであるためにハミガキをしても歯の黄ばみが取れないという方には、まずはホワイトニングをお勧めします。短期間で真っ白な歯を実現するには、ぴったりの方法と言うことができます。また、歯の変色の理由は喫煙だけとも限りませんが、ホワイトニングなら、表面を削らずに歯を白くできます。歯科矯正だけで安心してしまう方もいるようですが、歯の白さが足りなければ、笑ったときの印象は完全にはよくならないのですよね。最近では歯列矯正も便利になってきましたが、施術にあたり、前もって不要な歯を抜歯しなければならない場合もあります。歯並びが不揃いな場合、本来あるべき位置に直そうとしても、他の歯に干渉して思うように動かせない場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。こうした状態では、邪魔な歯を無視して強引に矯正を進めると、歯の並びが広がってしまって、顎の形まで変わってしまうことが有り得るのです。今流行りのホワイトニングですが、白くなるまでに予想以上に時間がかかることもありますし、全体が同じ色調にならず、ムラが出る場合もあるのです。歯の状態や、日々の食事や喫煙習慣など、理由はケースバイケースです。この場合、長い時間をかけてでも、何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。その他の治療も同じですが、ホワイトニングに掛かる時間や手間も患者さん一人一人の体質によって異なるのです。美意識の高い方に人気のホワイトニングや歯科矯正。その施術のために通院する頻度や日数は、患者さん一人一人の状況や、歯科の方針によって変わるので、一概には言えません。口内の状態、例えば虫歯の有無などでも歯列矯正やホワイトニングに必要な手間が変わるので、できることなら事前にチェックしたいところです。また、虫歯などの治療は一般歯科を利用し、美容目的の施術については審美歯科を利用するというのもお勧めです。特にお子様が気になる、矯正期間中に食べてはいけないものについて。力を入れて噛まなければならないようなものはやめておいた方がいいです。煎餅やビスケットなど、それに固い肉などは、歯や顎の負担にもなりますから、食べない方がいいでしょう。加えて、餅なども歯にくっついてしまって、歯が動いて矯正に影響が出るため、できれば避けるように言われるケースが多いようです。